ガン・心筋梗塞・脳梗塞の予防

メタボリックシンドローム対策は、心筋梗塞や動脈硬化といった恐ろしい病気にならないためのものです。つまり、将来病気になる確率が高い人に、警告を与えているのです。

メタボリックシンドロームを改善することこそが、いわゆる生活習慣病の予防になります。

タバコを吸うとか、血圧が高いとか、高脂血症とか、糖尿病とかのリスクがある人は、血管に問題が起こりやすいと言われています。そして心筋梗塞などになりやすいとされています。このようなリスクの原因が、内臓脂肪であると分かってきました。

では、なぜ内臓脂肪が過剰に増えるのでしょうか?

それは運動不足だからです。そして栄養の摂り過ぎ、いわゆるカロリーオーバーだからです。

日本人の死因は、ガンと心筋梗塞・脳梗塞が多いとされています。では、これらの病気にならないために気をつけることはなんでしょうか?

それこそが、メタボリックシンドローム対策につながるのです。

将来の自分の健康のために心がけるべきことこそが、メタボリックシンドローム対策といえます。それによって、ガン・心筋梗塞・脳梗塞の予防にもなるとされています。

では、いつから気をつけるべきでしょうか?

メタボリックシンドロームが気になりだしてからでもかまいません。自覚症状が出てきてから、運動や食事内容を見直しても遅くはないでしょう。しかし、そうなるもっと前の段階から心がけるのが一番良いのは、間違いありません。