基礎代謝をキープする運動

運動することによって、メタボリックシンドロームが改善されることは確かです。食事制限がツライなら、まず運動から始めましょう。

運動は、ややキツめが良いようです。運動する意味は、基礎代謝をキープすることにあります。また、筋肉を鍛えることによって、若々しいスタイルに近づくという効果もあります。

20歳の頃と今の体重は、いったいどれ位変わっているのでしょうか。40代の人ならば、20歳の時より平均で7~8キロは増えているそうです。

仕事のストレスや付き合いなどで、カロリー過多の日が続いていませんか? もしそうであれば、時間がないから運動できないなどと、ノンビリしてられない状況かもしれません。

ダンベル体操は、何年か前に流行したダイエット方法です。筋肉を付けることによって痩せることを目標にしています。

筋肉は、寝ている間にもカロリーを消費します。ですからダンベル体操は、メタボリックシンドローム対策にも大変有効です。

ダンベル体操の良い点は、室内で簡単にできることです。2~3キロのダンベルを用意すればOKです。ダンベル体操の本などを参考にして、とにかく始めることです。

最初は、思うようにできないかもしれませんが、慣れてくれば少しずつ回数を増やすことも可能になります。