企業の健康診断でCTによる内臓脂肪の測定

企業で働く人が受診する健康診断を専門に受け持っている医療機関がありますが、近頃では、そういった医療機関でもメタボリックシンドロームに対するサポートを始めています。

「同友会春日クリニック」も企業の健康診断で利用されるクリニックのひとつですが、メタボリックシンドローム対策を積極的に行なっているクリニックです。

同友会春日クリニックでは、これまで、ダイエットサポートプランという個人向けプランのみで行なっていたCTによる内臓脂肪の測定を、企業向けの健康診断でも行なうようになりました。医療の専門家によるアドバイスは、受診者にとって安心かつ効果的のようです。

メタボリックシンドロームに注目が集まっていますので、医療機関では、メタボリックシンドロームを発見することだけではなく、改善することにも力を入れているようです。

「同友会春日クリニック」では、メタノリックシンドロームに対するチームを作って対応しています。そのチームは、医師・看護師・管理栄養士・運動指導師らによって構成されています。「ダイエットサポートプラン」と称し、対応を行なっています。

このサポートプランの利用者は、設定した目標と体重・食事・運動などの状況を月1回メールで送り、その送られたメールに基づいて、クリニック側はアドバイスや支援を行なっていきます。やはり専門家のサポートですので、効果も出やすいようです。