メタボリックシンドロームの検診・検査

メタボリックシンドロームのより詳細な検診では、CT検査によって内臓脂肪の面積を測定します。メタボリックシンドロームかどうかが心配ならば、腹部のCTを撮るのが最も確実です。

これによって、ウエスト周囲の計測ではわからない「かくれ肥満」の方であっても、内臓脂肪の蓄積を把握することができるからです。CTは、コンピューターによって身体の断層を撮影するものです。それによって内臓脂肪がどの程度あるのかを見ることができます。

内臓脂肪の面積が100平方センチ未満なら、正常とされています。外見は痩せているのに、測定してみると100平方センチ以上だったという人もいます。逆に、ウエスト周りが太いのに内臓脂肪が少ないという人もいます。

太っているのに内臓脂肪が少ない人は、皮下脂肪が付いている、ということです。皮下脂肪も多すぎては良くありません。また、一見痩せている人で実は内臓脂肪が多い、いわゆる「隠れ肥満」は、CT撮影で判明することが多いようです。1度はCTを体験してみることも、いいのかもしれません。

内臓脂肪の蓄積(肥満)の検診以外にも、トリグリセリド(中性脂肪)の検診、HDLコレステロールの検診、血圧・血糖値の検診、などを行います。これらの検診で複数の異常が見られた方は、動脈硬化になりやすいというリスクを抱えている、ということになります。

食生活の欧米化や運動不足などを原因として、動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)の患者は年々増加しています。

メタボリックシンドローム対策には蓄積した内臓脂肪を減少させることが重要ですが、その治療には運動療法と食事療法が効果的です。多くの場合、内臓脂肪が減少すれば、検診による検査値も改善されていきます。特に運動療法は、非常に高い効果が得られます。

メタボリックシンドロームの検査は、「メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェックキット」を使えば、自宅でも行なう事ができます。

メタボリックシンドロームのメタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。いくつかの代謝疾患が、ひとつひとつが軽度であっても多く重なっていると、動脈硬化が強くなり、心筋梗塞や脳卒中の危険が高くなることが判りました。

そして、このような疾患群のことをメタボリックシンドロームと呼んでいるのです。

これまで、このような疾患群には、死の四重奏、マルチプルリスクファクター症候群(多重危険因子症候群)、内蔵脂肪症候群、シンドロームX、インスリン抵抗性症候群など、さまざまな呼び名がありました。しかし、世界的に「メタボリックシンドローム」という名前で統一しようということになりました。

さて、メタボリックシンドロームの血液検査は、DEMECAL(デメカル)のセルフチェックキットを使えば、自宅で簡単にできます。病院に行かなくても自宅で自分で血液検査ができるので、まだ検査をされたことのない方は、このようなキットを使って一度は検査されることをオススメします。