メタボリックシンドロームの定義と肥満度の目安となるBMI値

メタボリックシンドロームの定義ですが、まずその目安が、おへその高さの腹囲が、男性で85cm以上、女性で90cm以上です。気になる人は、メジャーを使って、メタボリック症候群かどうかをチェックしましょう。

メタボリック症候群は、この腹囲の基準に加えて、高脂血症、高血糖、高血圧のうち2つ以上に該当する人が、メタボリック症候群であると診断される、という定義です。

より詳しく書きますと、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方、血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方、空腹時血糖が110mg/dl以上、となります。

メタボリック症候群の診断基準・定義は、2005年4月に、日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で作られました。

メタボリックシンドロームの主な原因は、食べ過ぎ、そして運動不足です。それによって内臓脂肪が増えます。そして、必要以上に内臓脂肪が溜まると、代謝に異常を生じます。

この代謝異常の症状が進むと、血液中のコレステロールや中性脂肪が必要以上に増えてしまい、それが動脈硬化の原因にもなります。

メタボリックシンドロームは、食生活と運動で予防・改善ができる場合も多いものです。早めに生活習慣を見直すことが大切です。

BMIとは、肥満の目安になる計算値です。体重(キログラム)÷身長(メートル)の二乗で計算します。例えば、体重が70キログラムで身長が160cmの人の計算は、70÷(1.6×1.6)=27.34となります。この計算で25を越えると、肥満とされます。

では、25未満の人は絶対に安心でしょうか?

急に25になるわけではありません。ですから、25に近づいてきたら、やはり注意すべきでしょう。25になってから慌てるよりも、25に近づいてきたら注意するという方が正しい考え方です。

何事も、早めの対応が肝心です。肥満だけではなく、その他の数値も異常値に近づいたら、注意すべきでしょう。正常値に安心することなく、数値の変動にも注意すべきです。