メタボリックシンドロームと食事

メタボリックシンドロームの予防や対策には、まず自分の毎日の食事を見直すことが大切です。

今までなにげなく食べてきた食事ですが、含まれている成分は食材によってかなり違っています。ダイエットをメタボリックシンドロームの改善や対策のために行う場合には、食事を作る時に使う食材の特徴や量についてよく知っておくことが重要になってきます。

食材には、カロリーやコレステロールが多く含まれているもの、カロリーが低く食物繊維が多いもの、ビタミンが豊富なもの、などいろいろあるからです。

また、ごま油など植物に含まれる植物性油や、魚に多く含まれている不飽和脂肪酸の魚油などがあります。不飽和脂肪酸は体に良い影響を与えることが多いので、メタボリックシンドロームのためだけではなく、普段の食事から摂る必要があるといえます。

魚に含まれるEPA(エイコサオエンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、食事から摂ることによって、中性脂肪を減らしたり、体に脂肪が付きにくくしてくれる働きがあります。メタボリックシンドロームの人の食事には、EPAやDHAは、できるだけ積極的に取り入れたい成分です。

また、植物を原料とする植物性油には、リノール酸とオレイン酸という2種類の代表的な油があります。2種類とも体内でコレステロール値を下げる働きがあります。しかし酸化すると、善玉コレステロールを減らしてしまう場合があります。

リノール酸はごま油やマーガリンなどに含まれている脂質ですが、酸化しやすいという特徴があります。それに比べてオレイン酸は酸化しにくく、リノール酸より体に優しい働きがあります。そのことから、食事で摂取することについて、最近特に注目が集まっています。

不飽和脂肪酸は、肉やバターなどの動物性脂質に含まれている脂です。不飽和脂肪酸の摂取量は、食事からごく少量摂れば十分足ります。

しかし現代の食生活では、この不飽和脂肪酸を多く含む食品が使われることが多いので、つい摂取量も過剰になってしまいがちです。特にメタボリックシンドロームの人や肥満の人の食事の場合、不飽和脂肪酸を摂りすぎると、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。

しかし、動物性食品にはたんぱく質やビタミンなども多く含まれていますので、まったく食べないという必要はありません。

メタボリックシンドロームの人やダイエット中の人には、不飽和脂肪酸が多く含まれる食材を上手にコントロールした食事がポイントといえます。