メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドロームの原因は、ズバリ内臓に蓄積された脂肪です。

メタボリックシンドロームの原因や対策については、最近新聞やTVなどでも取り上げられることが多くなりました。今、日本には、メタボリックシンドロームに該当する人、またはその予備軍の人が、約2000万人いるそうです。

40~74歳までの中高年世代においては、男性では2人に1人、女性では5人に1人が該当すると、厚生労働省の調査で発表されています。メタボリックシンドロームは、まさに国民病と言っても過言ではありません。

メタボリックシンドロームは、内臓に蓄積された脂肪によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態です。近年、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症で亡くなる方が増加していますが、その原因はメタボリックシンドロームです。

メタボリックシンドロームは、これらの病気の原因である動脈硬化を引き起こしやすい状態です。体がこの状態であるということは、結果的に様々な病気に結びついてしまう状態でもあるということなのです。

日本人の三大死因はがん、心臓病、脳卒中です。心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は、動脈硬化です。動脈硬化の原因・危険因子といえば、コレステロールです。

しかし最近の研究では、コレステロールだけではなく、肥満(特に内臓のまわりに付着した脂肪)が原因となってさまざまな生活習慣病を引き起こし、それらがさらに動脈硬化を引き起こす、ということがわかってきました。