メタボリックな人が気にする体脂肪

メタボで注意すべきは脂肪です。見た目にも大きく張り出たお腹は、改善したいものです。

そもそも体内の脂肪組織を「体脂肪」と呼びます。体重計で体脂肪率を量れる機能がついたものが出回り、よく聞くようになったのではないでしょうか。

体脂肪は、メタボリックな人が気にするポイントのひとつでしょう。体脂肪とは簡単にいうならば、中性脂肪がたまったものが体脂肪です。

コレステロールは、中性脂肪と同様に脂質です。中性脂肪とコレストロールは、血液で運搬されます。中性脂肪はエネルギー源です。また、コレステロールには、体の細胞膜を作ったりする役割があります。

高脂血症とは、血液中の中性脂肪とコレストロールの濃度が高すぎることを指します。そして、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

そもそも血液の中の脂質としては、他にリン脂質、脂肪酸などがあります。しかし、動脈硬化と関連するのは、コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)です。

そこで、メタボの改善・対策と同様に、食事や運動が重要になってきます。

そもそも、年を重ねて新陳代謝が下がってきているのに、若い時と同じように食べれば、太るに決まっています。太る、つまりは中性脂肪が増えるのです。消費できる範囲の食事ならば、太ったりはしません。

メタボリックな人は、ついつい食べすぎているようです。その食べすぎが、消費できない中性脂肪を生み、どんどん体内にたまっていくわけです。ですから、食べ過ぎない事こそが重要です。